日本人留学生の日常 in the U.S.

日本人留学生の日常 in the U.S.

ブログ内では、アメリカ留学で起こった出来事、日々の感情を徒然と語っていきます。そして、しょっちゅうしょうもないことをもブログに綴っていきますので、あしからず。

留学生活で一番怖い思いをした日

会話中、いきなりキレ出した彼女

今日は、本気でこわい思いをしたので、(というか現在進行形で怖い)そのことについてブログを書きます。いまでも怖さで体が震えてまう。

これは、あるオリエンテーションでの出来事。

f:id:pictme21:20160828014929p:plainf:id:pictme21:20160828014945p:plain

 編入学生対象のオリエンテーションがあったので、友達(私を含め)計4人で参加しました。そのときに、わたしともう一人は車を持っておらず、オリエンテーションに行くかどうか迷っていたのですが、もう一人の友達(仮にPちゃん、としておきます)が車で送って行ってあげるよということだったので、参加しました。

オリエンテーションではディナーを食べ、そのあとにいろいろな説明を聞き、グループで編入学体験者の話を聞く、という流れでした。そのときに、グループみんなで話をしていると、周囲もだんだんと暗くなってきたので、怖い話をするようになりました。そこで、みんなで「こわすぎて、家帰れない」といっていたら、ある先輩の人がきて、キャンパスポリスに頼んだら、家までエスコートしてくれるよ。とおしえてれました。そのときにPちゃんが、そのポリスの番号おしえてほしい。とたのんでいた姿をみて、私たちは冗談交じりに笑ってました。すると、Pちゃんはなんであなたたち笑ってるのと言いはじめました。もうひとりの友達がそのときちょうど、トイレ行きたいんだけど、誰か行かない?と聞いたので、私もPちゃんもそのことトイレに行くことになりました。

トイレに向かっている途中に、Pちゃんがまた「そんなに私のこと笑うんだったら、車に乗せてあげないから」と言いはじめ、そのとき私たち二人はPちゃんが冗談交じりで怒っていると思っていたのですが、そうではなく、ガチ切れしていました。そこからさらに、彼女の怒りがエスカレートし、大声で私たちに叫びはじめ、私たちは「これはやばいよ、uber乗って帰ろう」とこそこそ彼女の後ろで話し。すると、彼女が、「なにこそこそ話してるの、私に聞かれたくないことでもあるの?」と聞いてきて、私たちはもうゾッとし、トイレからでてきたあと、もう外が暗くなってきているのもあるし、すぐ帰ろうと決めました。トイレからでてきて、彼女にだまって逃げるように私たちは帰ってしまいました。。。

人の怒りの沸点はみんなちがう

もしこのブログを読んでくれた人のなかにも、こういう経験をされた方がいるのなら、どういう対処法をとったのか教えてほしいです。もちろん、私自身も、彼女の怒りの沸点がどこにあったのか理解していなかったので、こういう結果におちいったのだとおもいます。なので、私自身にも責任があります。ただ今回の出来事から学んだのが、「人の怒りの沸点はみんなちがう」ということです。私たちはとくに、留学生ということもあり、そもそものバックグラウンドがちがうし、考え方もちがう。こういうことを念頭にいれておこうと思いました。

----------------

今回は、だらだらとした記事になってしまった。。。つぎキャンパス内で、彼女にあったときどうなるのかが怖い。

<コメント返し?>

前々回の記事へのコメント

kenborock (id:kenborock)さん

Question 2: What is this?

(日本語)折り畳み式のちっちゃい”机”になっていますよ

?せんべい?からの返信

kenborockさん、たすかりました!ありがとうございます!正しくは、折り畳み傘でした!

前回の記事へのコメント

ぱぴこ (id:papiko8-l) さん

見たい!うちは日本アマゾンもアメリカアマゾンもプライムビデオ見れるので、今夜旦那と見てみます(^^)

?せんべい?からの返信

ぱぴこさん、はい!ぜひ見てみてください!ブログに感想書いていたのよみました!気に入っていただけたようでよかったです!

Thank you for your comments!!

Remove all ads