Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

日本人留学生の日常 in the U.S.

ブログ内では、アメリカ留学で起こった出来事、日々の感情を徒然と語っていきます。そして、しょっちゅうしょうもないことをもブログに綴っていきますので、あしからず。

実は、車の教習所に通ってます。

Diary: 日常

あ、そういえばブログの更新してなかった

f:id:pictme21:20161228213744p:plain

あんなに苦しんでた期末テスト期間も、もうとっくの昔のように感じる今日この頃。皆さん、お久しぶりでございます。せんべいです。

実は私、現在とある車の教習所にて合宿中なんです。まあ、なんとか今日仮免の試験を無事合格し(なんで受かったのか自分でもわからない)、これまでの約1週間に起きた出来事・珍事件を書いていこうと思います。

  • 珍事件1:はじめての運転でのできごと
  • 珍事件2:教官たちとのシュールな会話のやりとり
  • 珍事件3:仮免の技術試験でのミス連発
  • その他(試験の難しさなど)

 珍事件1:初めての運転でのできごと

私が現在取得しようとしている、免許はオートマの方なのですが、正直、初めての運転では何が何だかさっぱりでした。ハンドギアもいれて、ブレーキもして、、、、え、運転てこんなに忙しいものだったのかΣ( ̄□ ̄|||)もっと簡単だと思ってたのに、、、

という感じでしたww

そこで、教官からのアドバイスとして一番わかりやすかったのが、「ハッピーエンド」

要するに、ハンドブレーキピーPギアエンドエンジン

これが一番わかりやすい。エンジンを入れるときもこの流れで、エンジンを止めるときもこの流れ。頭の固い私には、かなりわかりやすくて良かった。

珍事件2:教官たちとのシュールなやりとり

私の現在合宿中の教習所では大体、20代一人、30代40代が8人、で50代が10人くらい?(全員男性)って感じで、まあおじいさん、おじさんだらけなわけです。それで、運転中は全く話さないというわけではなく、まあまあ話します。話しかけてくる人もいれば、全く話しかけてこない人もいるし、授業に集中って感じの人もいる。そんな中で繰り広げられる会話は、ときたま面白いことにもなる。

一番初めの担当だった人は、ほんとにコミュニケーションの取り方が上手で面白い50代前半ぐらいのおじさん。車に乗ったときに、必ず「シートベルトを締めてください」って言わないといけないのですが、初めてそれを言ったときに帰ってきた返事が「いやだーー」wwwwwwwwwwwwww

いや、あなたそれ、何で拒否してんのwwwwって感じでそのまま、漫才になったり。

あと、縦列駐車のときには、縦列駐車が完了したら、縦列駐車終わりました」って言わないといけないんだけど、個人的になんでこれを言わないといけないのかがわからなくて、「これって一人で運転してる時もいうんですか?」って言ったら「そんな人見たことある?」⇒私「ないですwwwwwwwwwwwwwww」

聴いた私がバカでしたm(__)m

珍事件3:仮免試験でのミス連発

まあさっきも書いた通り、今日仮免の試験で、選択問題の試験の前に、運転の試験もあって、私はまあまあ重大なミスをちょいちょいおかしてしまった。でも、試験官の人がまあまあ優しかったというか、それほど厳しくなくて一発合格だった。

私の犯したミス:カーブで反対車線に進入。車を停車する位置を思いっきり無視して駐車した。踏切の横断のために開けていた窓を開けっ放しにしてしまっていた。

自分でもこれだけミスをしていてなんで受かったのか不思議でしょうがない、、、

とりあえず珍ミスばっかりだったので、少々反省してます。

その他(試験の難しさなど)

みんな(わたしの周りの友達は)、筆記試験なんて勉強しなくても受かるし、常識の範囲で答えればちょー簡単だよ、とか言ってた。でも正直、私には全く理解できない。あれを勉強なしで90%以上とるっていうのは、ほぼほぼ不可能に近い。標識の意味も知らないし、専門用語だっていっぱい出てくるし。

なので、みなさん、勉強しましょう。

そして、もし、教官と一緒に車にのるのがいやで教習所に通うのをためらっている人がいたら、是非若いうちに行っておくことをおすすめします。その方が、相手に気を遣わずため口とかで話せるw

 

以上、せんべいの現状報告おわり。