日本人留学生の日常 in the U.S.

Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

日本人留学生の日常 in the U.S.

ブログ内では、アメリカ留学で起こった出来事、日々の感情を徒然と語っていきます。そして、しょっちゅうしょうもないことをもブログに綴っていきますので、あしからず。

免許受かりました。そして、今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます

いやもう年明けてからいったいどれだけ日がたってると思っているんだよ(-_-;)

まあ中国の旧正月では昨日から今日にかけてがお正月なので、それで大目に見てやってください(笑)

すいません。いろいろと、日本からアメリカに戻る準備や今学期の授業の用意などをしてバタバタしていたら、あっという間に日にちが過ぎていき、ブログを書く余裕がありませんでした( ̄▽ ̄;) せんべいです。

そして、話は変わりますが、、、年末から教習所に通っていた私は、なんとやっとこさ念願の免許を取得しました。みなさん、応援ありがとうございます。(え?応援してなかったって?笑)

f:id:pictme21:20170129041438p:plain

私は大阪出身なので、まあ試験会場は光明池という場所だったんですけど、これがなんとまあ、ややこしい試験会場でした。みんな優しく教えてくれたのでありがたかったんですけどね。

 

試験の流れとしては

試験代を払う

受付に持って行く

視力検査

試験を受けるまで約1時間待機

試験を受ける

合否発表まで待機

合否発表

顔写真撮影

免許交付

という感じでした。

とりあえず、わかんなければそこら辺にいる係の人に聞いたら教えてくれるでしょう。

初めの受付さえ間違えなければスムーズに進むことができます。地下には食堂がありましたが、お腹を壊しやすい体質なので、何も食べずに、食堂にあった椅子に座って、ひたすら教科書を眺めてました。おおよそ試験開始時刻まで2時間程度の待ち時間があったので、ただただ、時間が過ぎるのを待ってました。

そして、試験会場の二階に行ったのですが

私の感覚としては、試験の始まる10分前ぐらいに席についておけばよいだろう、なんてことを思いながら、10分前行動をしたのですが、きっちり10分前に教室に入ってみると、あらまあ。

なんということでしょう。もうすでに100人弱ほどの受験者が席にきっちり座っているじゃあありませんか。「これが日本人か、、、」

そう思いつつも、多くの人の視線を浴びながら席についた私でした。

(10分前に教室に入っただけでも、だいぶ早い方だと思ってたのに!!!!?笑)

 なので、もし恥をかきたくなければ、早めに席にはついておいたほうが良いでしょう。

合格発表は、教室の前方にあるテレビ?みたいなスクリーン?みたいなものに、自分の受験番号が映し出されれば合格、といういたってシンプルなスタイルのものでした。

私が受けた時は見た感じ、ざっくり10人ほどは落ちてました。正直、私もあの時は落ちると思ってたので、受かったのが不思議です。

(まあ、結果良ければ全て良し👌ということで)

 

あとは、写真をとって、その30分後ぐらいにはもう免許が配られる、という感じでした。

周りを見た感じ、学生っぽい人たちが多かったです。社会人っぽいひとはほとんど見かけることはありませんでした。

 

ということで、年始初のブログ更新ということでした。これからもよろしくお願いします。あ!あと、このまえのブログにコメントくださってた方々、ありがとうございました。なかなか読んでて面白かったです。

 

次回は、今学期撮っている授業でグループワークがいくつかあるので、それについての記事を書こうかなと思っています。日本人一人という生活にだんだん慣れてきて、異文化人間たちと、どうやって私がうまいこと交流をしていっているのかを、みなさんにお伝えできればな、と思います。

それではまた!!!!!!!!

----------------

<豆知識🐻>

今年は酉年ですね。

f:id:pictme21:20170129041309p:plain

酉年のことを英語ではChicken Yearとは言わないです。

Rooster Yearと言います。

私は、これを最近クラスメイトに指摘されて、めちゃめちゃ恥をかきました泣

 

 

Remove all ads